特殊清掃作業・工事の流れ

特殊清掃の現場は1つ1つ違います。現場に合った施工で早期解決!

原状回復

消毒・除菌

フォグマスター特殊清掃の現場はウイルスが蔓延し、感染症の危険もあります。
まずは現場全体に業務用の噴霧器を用いて、除菌力の高い薬剤を噴霧します。
これには除菌とともに消臭の効果もあります。

↓

体液の清掃・除去

体液の清掃床などに染み付いた体液、血液の清掃、害虫の駆除を行います。
亡くなってからご遺体発見まで時間が空いてしまった場合、ほとんどが床下まで体液が浸透しています。
臭気の原因を追究しながらもお客様の金銭的負担も少なくなるように、床や壁の素材や状況を見ながら、根気強く除去していきます。

↓

遺品整理

遺品整理ご依頼主様のご意向に沿った形で現場の整理、片付けを行います。
ただ捨てるだけの片付け・処分ではなく、貴重品の捜索、相続に必要な書類の捜索、形見としてお引き取りしたい品、ご供養して欲しい品など、すべてを確認・選別しながら整理いたします。

↓

消臭(繰り返し)

超音波噴霧器業務用の専用機械を用い、薬剤を噴霧及び塗布を何度も繰り返し、臭気を徹底除去していきます。
現場の状況によっては1週間以上かかる場合もございます。

↓

リフォーム

リフォームすべての清掃・消臭が完了した後、クロス、床、または畳の張替えなどを行い、原状回復作業は終了となります。

※フローリング・クッションフロア・畳など、床の材質によって作業のやり方や工程が異なります。特に死後何日も経って発見されたような現場ではほとんどが床下まで体液が付着し汚染が進んでいます。
そのような場合は感染症の危険性があるだけでなく、ただの清掃・解体・リフォームで見た目を綺麗にできても1番の問題となる臭気は消えません。
お部屋を元通りに原状回復させるには特殊清掃専門の知識と技術が必要なのです。

電話でのお問合せは メールでのお問合せは24時間受付